京つう

  キレイ/健康  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2017年04月24日

補聴器のアフターケアの重要性

補聴器はメガネと同じで快適な毎日を送るために使うものです。

長く使い続けるためには、日々のメンテナンスが非常に重要です。

補聴器は、使う人それぞれの調整が必要なほどの精密機器だからこそ、故障しやすい機器でもあります。

特に、耳あかなどが補聴器のレシーバ(音の出口部分)に詰まってしまうと、不衛生なばかりか、音が出なくなり、故障の原因にもなります。

「補聴器のメンテナンスと聞くと、難しそう…」と思われるかもしれませんが、決してそのようなことはありません

誰にでもできる日常的なメンテナンスで、長く使い続けることができるのです。

メンテナンス方法

補聴器についた汚れや汗などの水分は、乾いた柔らかい布でこまめにふき取るか、ブラシなどで掃除をしましょう。

この際、ブラシで払った汚れが補聴器に入らないように気を付けてください。




補聴器にとって湿気は大敵です。就寝する前には補聴器の電池を取り外し、

補聴器本体は、乾燥ケースに入れて保管するようにしましょう。



このように、メンテナンス方法は決して難しいものではありません。とはいえ、長く使い続けるためには、

やはり高い技術を持つ専門店にてメンテナンスを受ける必要があります。

ギルドでは何度でもメンテナンスさせていただきます。もちろん無料です。  
Posted by guild at 23:54Comments(0)

2017年04月18日

高額な補聴器はどう違うのか?

補聴器の性能は、主に

・音を調節する機能
・騒がしい中での聞き取りをなるべく低下させない機能
・音を快適にしてくれる機能


の三つに分かれます。この三つの総合で、補聴器の金額が決まります。そして、これらの能力が高ければと高い程、

自分の耳の力を低下させずに済みます。

そして値段が決まる補聴器の機能について

①音を調整する機能

②指向性機能

③抑制機能

の三つになります。

①音を調整する機能
補聴器の根幹である音を調節する機能になります。補聴器には、どれだけ細かく調整できるかをch(チャンネル)あるいは、

バンドという表記で、表現しています。

②指向性
周囲から来る音を抑制し、前方の音の中でさらに音声以外の音を軽減させ、音声を聞きやすくしてくれる機能です。

騒がしいところでの会話は、聞き取りの改善が難しいという事と補聴器装用者が最も改善したいと考える状況ともあり、

この機能が補聴器の価値の多くを占めるといっても過言ではありません。

なお、指向性機能は、あくまでも騒がしい中で聞き取りをなるべく低下させないようにする機能ですので、

いくら良いものを装用しても、完全に騒がしい中でも聞き取れるというわけではありません。

③快適性を上げる機能

抑制機能にはたくさんの機能があり、
・風の音を抑制
・騒音(ノイズ)を抑制
・反響を抑制

などがあります。

騒音を抑制する機能のものは、高額な補聴器と価格を抑えめの補聴器では、効果が異なります(内部の設定が異なります)

補聴器は、単に耳に合わせる事だけをしているのではありません。補聴器を通して音を聞く際に感じる不快感や

聞きにくさの軽減を和らげる事もしています。それらの効果が高いと高い程、金額は高額になります。

これが補聴器の金額の違いになります。


  
Posted by guild at 01:26Comments(0)

2017年04月15日

補聴器は両方につけた方がいいのか?

補聴器を片耳だけすればいいと思っている人はとても多いものです。

なぜなら、補聴器は耳あな型のこと、と考えている人がほとんどなのですから、両方の耳をふさぐなんてとても耐えられない

と感じてしまいます。

人間の耳は右の耳から入った音は、左の脳に左の耳から入った音は、右の脳にという機能分担がなされています。

ですから、片耳装用の場合、右脳左脳のどちらかの機能、たとえば左脳は論理的、

また、右脳は感情的、というどちらかの情報が欠落することになります。


両耳での耳の聴こえを確保することは、情緒的な情報がとても豊かに伝えられるわけですね。

これはとても重要なことなのです。

また、片耳だけの装用で過ごすことも、危険ということも分かっています。

使っていない側の耳の、音は聴こえているが、何を言っているかが分かりにくいなどの、語音明瞭度というものが、

一気に落ちてしまうことがあります。

右脳と左脳のバランスに於いても、両耳装用は脳に大いに影響があるということです。

目も耳もふたつあるものはそれぞれが補い合ってバランスをとっています。

補聴器を片方だけするということは、片方のレンズしか入っていないメガネをかけることと同じです。

目も耳もバランスよく使うことが大事なのです。



  
Posted by guild at 00:40Comments(0)

2017年04月05日

補聴器はいつつける?

難聴に対して、単にちょっと耳が遠いだけだし、と軽く考えている人があまりにも多い。

テレビの音?、大きくして見ればいいじゃないか、とか、約束の打ち合わせ?、何度でも聞き返せばいいんだよ、とか、難聴の引き起こすさまざまな現象を、軽視してしまう風潮があります。

難聴を甘く見てはいけません。その心理学的な問題点はとても大きなものです。

現代人ならばたいていあるだろうという悩み、たとえば、不安、自信喪失、社会的なひきこもり、挫折感、憂鬱、あきらめ、これらはみな、まあこの時代ですからね、ほとんどの方が胸に手を当てれば思い当たることです。

でも、そこに難聴が加わったときに、とても大きな障害が現れてくることは、知られていません。

聞きたい音と、騒音の区別がつかない。

多少離れているだけで、すぐに会話が聞こえなくなる。話していることは分かるが、何を話しているのかが分からない。

言葉の理解はもちろん大切なことだけれど、その前に何かしらの環境音を、社会的な騒音を区別する力が、

なくなった時のストレスは、考えられないほどの大きな影響を人間には与えるのです。

言葉を理解するかどうかの問題よりも、それ以前にまず重要なことがあるということです。

耳が遠いから、長生きするね・・・! なんて、とんでもない間違いなのですね。

あなたの近しい人が、もしそうなら、早く、できるだけ軽いうちに耳の聴こえを確保することを考える必要があるのです。

聴こえを確保しておかないと、なおのことその処理能力が低下していきます。

ダメージが大きくならないうちに、取り返しのつかなくならないうちに、考えることが大切です。



  
Posted by guild at 02:46Comments(0)