京つう

  キレイ/健康  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2017年07月14日

聞こえと補聴器の必要性

そもそも聞こえるというのはどういう仕組みなのかご存知ですか?



風が吹く、鳥が鳴く、それを音源とした空気の波が、集音器である耳介を通って耳穴に入り、
奥にある鼓膜や耳小骨で振動音は大きくなります。
そして蝸牛の中で振動音は電気信号に変換され、
どんな高さ(周波数)がどんな強さか分析し分類され、
聴神経に運ばれ、最後に脳が記憶を照合しそれが何の音かを決定します。
この過程を経てはじめて“音”は聴こえるのです。


“ 音”を聴いているのは、“脳”です。耳に絶えずいろんな音が押し寄せます。それでもうるさく感じないのは、脳が必要な音だけを再生し、他をカットしているからです。いうなれば、いろんな音が記録されているテープがたくさん蔵書されている音の図書館があって、その中からほしいテープを何本かだけテープデッキで再生して聴いていると想像してください。

補聴器は音の聞こえを拾うのを助けるものなんです。

しかし、補聴器がいくら音を大きくして耳に伝えても、それが何の音かを理解するのは脳であり、
脳に音を伝える聴神経が機能していなければ、音を識別はできません。
補聴器装用者の練習と慣れによって、休んでいた聴神経を目覚めさせる事で少しでも聴きやすくする事が大切です。


つまり聞こえを正常に保つためには常に良好な聞こえにしておく必要があり、
それは早期の補聴器装用によって可能になります。


お困りの方はぜひ一度ご相談ください。

タグ :補聴器

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。